マレフィセント 動画 フル

マレフィセント 動画 フルを無料で視聴するならこちら
↓↓↓
日本最大級のビデオオンデマンド  

ある王国で、念願のロイヤル・ベビー、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれ、招待客たちが見守る中、3人の妖精たちが次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。。。

この動画サービスは、パソコンはもちろん、テレビで、スマホやタブレットで、
あなたのライフスタイルに合わせて、好きな作品を楽しめます。

<a href="http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100fbxx003h4f" target="_blank"><img alt="" border="0" src="http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100fbxx003h4f" /></a>

今なら16日間も基本料金無料でサービスをうけることができます☆
違法な動画サイトとは違い、ウィルスや逮捕の心配もないので、安心ですね。
映画 マレフィセント 動画はポイントを使って、実質無料で観れます。
(各作品の配信期間に関しては、U-NEXTで確認ください。)


マレフィセント 動画はおもしろいドラマですね。口コミを調べました。人は子を育て、親になることではじめて本当の愛をしるのだと思った。恋人を愛し、守りたいと願う。
それと同時に愛され、守られたいとも思う。友人を大切に思い、幸せを願う。
それと同時に大切に思わ れ、幸せを分け合いたいとも思う。 
人は愛にさえ見返りや利益をもとめてしまう。深く愛したのに、裏切られ傷付けれたとき
愛は怒りや憎しみに変わることだってある。
だが親が子に送る愛は違う。親は裏切られ傷つけられたって、自分を犠牲にしてでも我が子を守ろうとする。見返りも求めず、我が子の幸せを願う。
そんな無償の愛を真実の愛というのだと思った。アンジェリーナの仕草や表情には
悪役にある深く引き込まれる魅力があった。映像もとても綺麗で、
特にアンジェリーナが大きな羽を広げ空を飛ぶシーンはあまりの美しさに思わず息を飲んでしまった。1959年公開のディズニーアニメ「眠れる森の美女」に登場した魔女の視点から描かれた裏ストーリー。妖精と人間の二つの国の争いの中で芽生えた恋と裏切りが元凶であり、どこか悪人になりきれない魔女の葛藤をA・ジョリーが演じている。ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」(1959)を、邪悪な妖精マレフィセントの視点から描き、アニメでは語られなかったマレフィセントとオーロラ姫の間にある隠された物語を明らかにする実写3D映画。アンジェリーナ・ジョリーがマレフィセント、エル・ファニングがマレフィセントに眠りの呪いをかけられるオーロラ姫を演じたほか、ジョリーの娘ビビアンが幼少期のオーロラ姫に扮している。「アバター」「アリス・イン・ワンダーランド」のプロダクションデザインでアカデミー美術賞を受賞したロバート・ストロンバーグがメガホンをとった。日本語吹替版を観ました。さすが吹替だけのことあって、子ども達がたくさん、観ていました。アンジー演じるマレフィセントが裏切りに対する復讐を遂げたつもりが、
オーロラ姫の成長を見ていくうちに逆に愛に目覚めていくストーリーです。
思いがけない方向にストーリーが展開し、意外な結末を迎えます。
「眠れる森の美女」とは全然違いましたが、こんな結末のファンタジーもありだと思いました。グリム童話には残酷なお話が多くあります。また、現実の子どもの世界というのは
大人同士と違って加減をしないし、小細工をしないし、気持ちをストレートにぶつける分、
意外と残酷なものです。世の中、ハッピーなことばかりではありませんし、ファンタジー映画であってもきれいごとを並べるよりは裏切り、嫉妬、復讐など
マイナスの感情が肥大する怖さを描いた方が子どもには効果的かも知れません。
終的にプリンセスを助けるのは、白馬に乗った王子様ではない、というところが
「アナと雪の女王」に似ていると思いました。
従来のステレオタイプのシンデレラストーリーでは今を生きる女性の共感を得られないかも知れないし、そういう展開は現代版のファンタジーらしいと思いました。
でも、オーロラ姫の立場で見れば彼女の成長過程でのまわりの人(妖精?)との関わり方、
最終的に父である国王がどうなったかを考えると、少し残酷なハッピーエンドのような気がしました。
カラスのディアヴァル役のサム・ライリーがいい働きをしていました。
オーロラ姫とも仲良しで、レフィセントの手足となって働く彼の存在が
物語に深み、スピード感を与えてくれました。
この人、見たことがあると思ったら昨年「オン・ザ・ロード」で主役やっていた俳優さんだったんですね。日本語吹替版で3人の妖精の声を一人でこなしているのは
福田彩乃さんでしたが、自然で、全く違和感を感じませんでした。
けっこう重要な役どころでしたけど、自身の特技をうまく生かして
いい仕事をしましたね。あの妖精たち、あんな調子でよく上手く子育てができたものですね(笑)となっています。

© 2016 映画 マレフィセント 動画 rss