マレフィセント 動画 字幕 無料

マレフィセント 動画 字幕 無料で視聴するならこちら
↓↓↓
日本最大級のビデオオンデマンド  

UNEXTでは、DVDレンタルが開始されたばかりの最新作品から、
たまに観たくなる名作まで充実のラインナップで、
PC、テレビ、スマホが自分オリジナルのビデオプレイヤーに早代わりです。

今なら16日間も基本料金無料でサービスをうけることができます☆
違法な動画サイトとは違い、ウィルスや逮捕の心配もないので、安心ですね。
映画 マレフィセント 動画はポイントを使って、実質無料で観れます。
(各作品の配信期間に関しては、U-NEXTで確認ください。)


マレフィセント 動画はおもしろいドラマですね。口コミを調べました。ディズニー映画でお馴染みの「眠れる森の美女」を魔女側の視点から描いたアナザーストーリー。
CMで聞いたダークなテーマ曲に惹かれ、観てきました。
登場人物やストーリー上の要点は押さえられているけれど、全く違った話に仕上がっている、二次創作物とでも言うのでしょうか。
今までそう言った作品は見てきましたが、原作を知らないと楽しめなかったりしたものです。そう言った点ではストーリーも分かりやすく、小さい子でも理解できるのでは?
ただ、原作に対しての思い入れの大きさによって変わってくると思います。なんと言っても悪が主役の話ですから。。。ありえない展開にポカンとする人もいるかもしれません。
いまだ人気のアナ雪と同様に「真実の愛」を謳う作品ですが、
音楽を含めて個人的にはこちらの方が好きかな?
主演のアンジェリーナジョリーが素敵です。本編のラストでも述べられているように「眠れる森の美女」がベースで大幅に翻案しているとの事だが、全くその通り。CG使用の実写作品よりも、アニメ作品の方がテーマ的にはだんぜん向いていたと思う。
アンジーのメイクが頬骨を随分と目立たせていて、マレフィセントの二面性の中の負のイメージを強調しすぎた、魔女的に見せさせてしまっている。その意味で本作は、当の姫と王子の二人を除くと善悪の区別がつきにくいキャラクター設定である事が最大の弱点であると思われる。「アナと雪の女王」で家族の愛を持ってきて、今までの男女の愛から若干はみ出たディズニーがまた新しい愛に挑戦したのが本作。
眠りの森の美女をディズニー自ら大胆アレンジ。
悪役だったマレフィセントに焦点を当てた物語に。
このマレフィセント。重度のツンデレで、オーロラ姫に対し、最近のアニメでも見れないレベルでツンツンデレデレするものだから、観てる側はたまったもんじゃない。アンジー萌え。
結末は書かなくても、大体分かるよね。
ストーリー自体やツンデレヒロインそのものは完全にテンプレ、もとい王道なのですが、今回も王子様がおまけ(アナ雪より扱いひどい)で、また「これも愛なんだよ」っていうのが見える作品に。
時代の多様化に合わせてきたんですかね、ディズニーも。マレフィセントと言えば、オーロラ姫に呪いをかける悪い魔女というイメージしかないが、そのヴィランをアンジェリーナ・ジョリーが演じることによって、新時代のダーク・ヒロインとして甦った。
冒頭から、妖精の国の描写が美しい。立派な羽根で飛び回るマレフィセントは、自由で実に活き活きと輝いている。人間に恋をしてしまった切なさ。やがて人間達が攻め込んでくる理不尽。人間の心の醜さが、ヒロインを悲劇に追い込む。人間とのバトルは、巨大な樹木たちが大暴れで、楽しませてくれる。もちろんアンジーのマレフィセントも大活躍だ。 
真実の愛など信用しなくなったマレフィセントの心が、後の展開の重要な伏線となってくる。ステファンの生まれてきた娘オーロラに、呪いをかけてしまうのにも説得力がある。この辺りはやはりアンジーの演技力が素晴らしい。後にオーロラを見守り、少しずつ愛情が芽生えていく様子も、呪いをかけてしまったことによる苦悩も、アンジーの嫌みのない熱演で、ひしひしと観客に伝わって来る。
マレフィセントに使えるカラスのディアヴァル(サム・ライリー)が、ナイス脇キャラ。マレフィセントによって、何にでも姿を変えることができるので、カラスとはいえ頼もしい。終盤は何とアレになって、バトル・シークエンスを盛り上げてくれる。でも、あんまり強くないんだけど…。助けられたマレフィセントに忠誠を尽くし、文句も言わずに働く姿に、女性から人気が出そうだ。
一度かけてしまった呪いは、当のマレフィセントにも解けない。ここはやはり真実の愛が決め手となる。しかし、最近のディズニー映画は、『アナと雪の女王』を観ても分かる通り、愛の解釈が特徴的だ。この作品に於ける、真実の愛が決め手となる。
愛の葛藤のドラマと、アンジーの名演技が楽しめた作品であった。 となっています。

© 2016 映画 マレフィセント 動画 rss